畳の種類

畳の種類

縁あり畳は、よく目にすることが多いタイプです。使用する材料や経糸によってさらに細かい種類に分類することができます。

 

経糸は高級品になるほど見た目に美しく、耐久性などの機能性が向上します。最近では住宅の段差を少なくするバリアフリーの需要が高まり、薄いタイプが重宝されることが増えてきました。

 

縁なし畳は加工が難しく、機械で製造するのではなく、職人の手作業によって製造されているのが特徴です。

 

畳は和室で利用される印象が強いですが、近年は和室以外でも使用されることが多くなっています。

 

フローリングの床と組み合わせて、部分的に置くことで和室が無くても畳床の生活を楽しめるようになるのが魅力です。

 

畳が登場した頃は、高貴な人たちが縁のあるタイプを使用し、縁なしタイプは庶民の使用するものとして扱われてきました。

 

しかし技術の進んだ現代では縁なしタイプの方が、手作業による技術を必要とする事から価格を下げることが難しくなし、昔とは反対に高級な製品となっています。

 

三条たたみ評判・口コミ【体験談あり】