畳にカビが生える原因

畳にカビが生える原因

日本の家屋によく似合う畳ですが、湿気をよく吸収しますので、常に湿気の高い室内に敷いていれば、カビの繁殖原因になってしまいます。

 

日本は湿気の多い気候ですので畳との相性が抜群ではあるものの、一方でこの機能がカビの好む環境を作ってしまうといえます。

 

カビへの対処法については、東京の東村山、立川周辺などに対応する岡部畳店のサイトで紹介されていますから、ぜひ参考にしましょう。

 

繁殖してしまったカビは窓を開けて掃除機で吸い取ってから乾拭きします。4回くらい作業を繰り返してください。

 

対策として、閉めっぱなしの室内は良くありません。天気が良い日には窓を大きく開けて、換気をしましょう。年に2回ほど大掃除をして部屋全体を清潔にし、換気を十分に行うのがおすすめです。

 

掃除機をかける際には本体を持ち上げてください。カビの胞子が舞ってしまうのを防ぎます。エアコンの除湿機能を活用して、湿度を下げましょう。

 

それでも駄目なら、岡部畳店を始めとする畳店で貼り替えたり、買い換えるのがおすすめです。

 

三条たたみ評判・口コミ【体験談あり】